ACE OF EARTH.COMのランディングページ

イメージ・チャネリングの脳回路について─全ての人はその能力を持ち合わせて下ります。

こちらの記事は、ブログ過去記事の再編集して掲載させて頂きます。

リーディング能力は何方も持ち合わせている

新しいワークのあなたが受け取られたガイダンスのご確認と、ガイドがあなたに意図を流して行くチャネリングテストでは、イメージチャネリングに対しての脳回路度合いの簡単なリーディングも併せて行いますけれど、ガイダンスを受け取る方法としては、下記の3タイプに分別出来ます。

透視(リーディング)、またはイメージチャネリング方法の脳内回路は、脳内システムとしては、3通り御座います。

1.クリティカルファクターが、元々解放度が高い方

クリティカルファクターの解放度合いが、元々生まれつき高い方がいらっしゃいます。しかし、7歳位から、一度徐々に閉じて行きますけれど、19.8歳位から再び元の状態に解放されて行きます。

解放度合いが高いとは、クリティカルファクターの解放度合いが、比較的高いと言われるのは、79.27%以上、高いと言われるのが83.6%以上です。クリティカルファクターの解放度合いは、グループソウルの特質的な面にもなり、解放度合いを向上して行くには、意図的に向上して行くしか御座いませんけれど、感情の解放を行う事で、数パーセント向上して行きます。

「基本として、クリティカルファクターの解放度が高い場合のは、脳の後頭葉の一部が活発化」

負の思念の蓄積率が高まりますと、また元の状態に戻ります。クリティカルファクターの解放度合いが高い場合の「透視能力」は、脳の後頭葉の一部が活発化する事での無限大からのガイダンスの受け取り能力の高まりによる「物事に対して見通す、透視能力」です。

クリティカルファクターの解放率が元々高い方は、自然に近い形でご自身が意識内で意図された事に対して、必要な時にはガイドが応答して行きますけれど、生まれた時から、その様な状態で生活されていると思います。

「解放率が83%以上の方の約89%の方」

自然と人生目的に必要な最低限の事柄に対して、ガイダンスを受け取りながら、営んで下り、集中力に関しても脳内プロセスとして生まれてから、確立されたものをお持ちになられて下りますので、次の記載した方法を無理なく行う事が出来る方が約45%前後になると思います。しかし、深い内容のガイダンスを受け取られる方は意図的になると思いますので、その様な方は約20%前後の方になると思います。そして、松果体の活性化は、クリティカルファクターの解放度合いを永続的に高めた状態へと向かわせます。

2.雑念が払われた状態での、集中力が伴う透視的な能力

集中力を高めて行う透視は、どなたでも持ち合わせている能力です。この場合の脳内プロセスは、ご自身の意識を集中させる事で、知りたい事に対して、無限大のガイダンスを受信する「物事に対して、把握する透視的な能力」と言え、結果的にはエネルギーセンサーのひとつになるコーザルチャクラを活性化させる事での透視敵な能力です。

2は、出来るだけ宇宙意識に共調して行く為の脳回路の状態を作りますけれど、ハイヤーセルフの声を聴くと言われる脳回路は、宇宙意識との共調率が数パーセントになり、集中力が伴う透視的な能力は、それよりも、少し高い状態の時に、ガイドからの意図を受け取られて下ります。それは、エゴから離れている意識の方が、より良いガイダンスがもたらされると思います。ガイドのガイダンスは、エゴの高さに応答して行く為です。

ガイドは天の使徒者、天使とも呼ばれて下りますけれど、ガイダンスは全て、38次元層に存在する意識のみの天使のスピリットから受け取られて下ります。アセンデッドマスター、神の意識は全て、天使のスピリットを介して、受け取られて下ります。

3.内なる統合率を高めて行く脳内プロセスによる透視能力

雑念を払い、集中力を高めて行う透視能力との違いは、若干の違いです。前者の場合は、結果的にはエネルギーセンサーのひとつになるコーザルチャクラを活性化させる事での透視能力です。

内なる統合率を高めて行く透視能力(リーディング能力)に関わるのは、他人の言語を理解する知覚性言語中枢のウェルニッケ野の活性化と、画像の左端の前頭連合野内の赤い印の辺りの神経細胞が活性化する事で能力が高まります。

いつもお読みくださいまして、心より感謝申し上げます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ チャネリングへ
にほんブログ村



関連記事一覧



CATEGORY

最近の記事



PAGE TOP