ACE OF EARTH.COMのランディングページ

個のエネルギー体が弱いと、様々な症状を引き起こす「引きこもりたい思い」「憑依」「慢性腰痛」「パニック障害」




アクセス数の多かった「ブログ記事」の転載です。

個のエネルギー体が弱いと、身体に問題が起き易い

個のエネルギー体が弱いと起こり易い症状

個のエネルギー体が弱いと、結果的に様々な現象が見られます。現象は、直接、間接問わず、以下の様な現象の原因のひとつになる事が有ります。「精神的疲れが多い」「周囲のエネルギーの強さに圧を感じる事=エネルギー負けによる疲れ」「引きこもり現象」「外部との接触に勇気がいる感覚」「パニック障害」等の症状です。全ての方では御座いませんが、軽い場合は、「胸、喉のチャクラが滞りを覚える」方も下ります。 個のエネルギー体を強化する事で、上記の現象に対して直接、間接問わず、改善が見込める場合が御座いますけれど、あくまでもスピリチュアル的な見解です。個のエネルギー体が弱くなられた原因は、複数の要素からなりますけれど、ちょっとした事が切っ掛けで、結果的に個のエネルギー体を弱める結果になり、上記の様な現象がみられる場合が御座います。

思考の抱き方が、結果的に慢性腰痛、体の不調のひとつの原因

思考の抱き方によりましては、慢性的な腰痛の原因にもなります。個のエネルギー体を弱める結果は、シナプス間隙の情報伝達の神経伝達物質が、円滑に機能しない状態になり、その状態が長く続いて行きますと、個のエネルギー体が弱くなり、場合に依りましては、慢性腰痛や、メンタル面も崩れ易い状態になる方もいらっしゃいます。

しかし、何かご自身の心の中が、燻ぶる状態を長く続けて行く事は、身体のどこかに異変をきたして行き易いので、「過ぎ去った事は忘れる位の気持ち」「執着する心は、一旦解き放して行く気持ちを持つ」事で、改善して行く場合も有りますけれど、個人差は御座います。様々な要因から、思考の抱き方に習慣性を持つ場合も御座います。

個のエネルギー体の強化度合いは

個のエネルギー体は、97.02%~99.02%が一般的な値です。お子様・成人の方問わず、成長期により違いが生じますが、88%前後以下の場合は、疲れ易い状態になります。しかし、どなたも疲れを取る営みをして行きますけれど、休養が十分取れない時、精神的な疲れが溜まると同時に、個のエネルギー体が徐々に弱くなり、87.27%以下に下降して行き易い状態になると思います。 そして、憑依され易い状態のエネルギー体となり、83.63%前後の場合は、個人差は生じますけれど、パニック障害と言われる現象が人体に起きる場合が御座います。個のエネルギー体は、「人間の目に見えないエネルギー体」は、幾層にもなりますが、一般的には、主に魂、エーテル体、アストラル体、メンタル体、コーザル体の五層に分けて考えますけれど、特に、メンタル体の層が薄くなり易いエネルギー体の状態が、個のエネルギー体が弱い状態と言います。

「個のエネルギー体が弱い」と身体の負担が大きく、長期間は憑依され易い状態

背外側前頭前野が大きく関与して下ります。しかし、個のエネルギー体が弱まる原因は、個別に違いが生じますけれど、「憑依現象」という人間の低波動の感情エネルギーが憑き易い状態になります。負のエネルギーを付層しながらになりますので、身体の負担は大きくなります。 人は、物事に対して、情報処理を行います。エーテル体、アストラル体がメンタル体に影響を与えますけれど、その全ては、脳の情報処理システム結果の反映です。脳の前頭葉の前頭前野は、様々な機能が有りますけれど、アプリのRuby プログラミング言語の様な役目です。脳内ネットワークの中枢になり、情報処理を行うのが前頭前野です。感情のコントロールや意志決定等を行いますけれど、特に背外側前頭前野の機能低下(パニック障害の場合は、眼窩前頭前野、前帯状回の機能低下も含む)は、様々な変調を起こします。

メンタル体を綺麗にする事で心の強さを改善するサポートになる

メンタル体は、エーテル体とアストラル体が大きく関与して下りますけれど、メンタル体の層は比較的薄い層です。個のエネルギー体が弱くなりますと、更に薄くなり、アストラル体への低エネルギーが付着し易い状態になります。個のエネルギー体を強化する事は、メンタル体の厚さを高めて行きますので、負のエネルギーの防御の強化になります。

個のエネルギー体の強化ワークは

月のオイルのプロモート、意識の再生プロモート、免疫機能の強化プロモート、フレーム形成プロモート等は個のエネルギー体を強化します。弱くなられた身体をバランス調整して行くには、月のオイルのプロモートは、毎日有効成分を放射する事で、より強化して行きます。お子様の場合は、意識次元の上昇が伴わない形の強化を施して下ります。1度施しますと、弱さや、症状にも依りますけれど、4カ月間前後は、元の状態には戻り難いと思います。一番避けたいのは憑依現象です。憑依は改善を遅らせて行きます。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
にほんブログ村
よろしくお願いします。

関連記事一覧



最近の記事



PAGE TOP