新しい日の出-遺伝子的に引き出されて行く要素が変わる時の刻み

今は、13の音にも含まれている折り返し地点、再始動、再生の意味を持つ地点から次に向かって進んでいる時です。折り返し地点の前後は、アセンション期、コロナウイルスが蔓延する時、錬金術の時にも当たりますが、6月末~8月下旬位までが、日本の場合は「未知的」といえる段階に入ります。未知的な段階とは、基本的にはベースは備わっていても、特に紐解かなければどの様な事が起きるかが掴めない様な時に当たります。

日本の場合は、アセンション期は、2001年度がその準備期間の始まりの時、約10年を経てその導入口に立っています。今は既に2021年ですが、約24~26年の歳月を費やしながら、新しい文明を築き上げるための夜明けの時、新しい時代が始まろうとする黎明期へと進んで行きます。
第2次アセンションの日は、意識の拡大にフォーカスして調整されて行く時ですが、2023年4月20日と想定されています。現時点の無限大の叡智に在る情報取得から、2023年6月18日がアセンション期のひとつの区切りとなる様な地点とされています。




ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

銅の時代の始まりは、遺伝子的に引き出されて行く要素が更に変わる時に入ります。

無限大の叡智の情報取得からですが、大アルカナ「13 死神」のカードは、日本で五輪が開催されることにより、新しい日の出が起きるという事が意図されています。

可能性を大きく拡大して行く人々

先駆者となる様な方は、先に遺伝子的な制御を超えて行く土壌を持つ人々です。年齢的に限定されておりませんが、感情のコントロールが難しい方は、課題を乗り越えて行く必要があります。

可能性を大きく拡大して行く人々は、女性性の真の受容性である完成段階の貢献の意識がベースに備わり、引き出す事が出来る器を兼ね備えている事がポイントのひとつです。

今は、7月25日からの銅の時代、新しい文明を築かれて行く時、「愛」の振動を与えて行く事もワードになって行く時ですので、自分自身のインナーチャイルドの癒し度合いの適正化から可能性の拡大率を高めて行く時です。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

関連記事

  • 最近の記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事
TOP