今の時のワードのひとつ「海底火山」に付随する事柄

過去記事の中で、注釈があったワードが海底火山です。

海底火山がワードにあがっている時ですけれど、海底火山は、暗黒期の中の「ピーク期にこれから向いますよ」という様な合図の様なワードのひとつです。もうひとつ、海底火山に注釈がつけられていましたけれど、その注釈は、海底火山は、「熾天使の活動が活発化する」意味も兼ね備えていましたので注釈がつけられていました。

ただ、日本の暗黒期のピーク期は、今ではなく、2021年に9月28日位にピークが訪れるとなっています。

「熾天使の活動が活発化する」事から、熾天使は実行する事が出来る者の意味ですが、集合意識のバランスを取るために観察している様な存在になりますので、活発化する意味からは、この様なワードが送られています。「争い」「運命の変わり目」「方向の安定化」です。様々な視点があると思いますが、このような波動が重なり合う時として想定されています。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

関連記事

  • 最近の記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事
TOP