スピリットとは&炉の神のエネルギーが大きく動く時、入れ替わる時

ウェスタは、ローマ神話に登場する炉の神です。炉の神は処女神として表わされています。

処女神は、エネルギーとしての象徴を表している言葉です。炉の神のエネルギーは、ホームのエネルギーとして、中心にあり、その場所を「象徴」とするものとして名付けています。

ホームのエネルギーが大きく動く時、入れ替わる時とその影響

抽象的な書き方をしておりますので、意味が通じ合い部分も多い内容かもしれません。

ホームのエネルギーが大きく動く時、入れ替わる時は、スピリットの歴史が関係して行きます。スピリット単位での伝統が入れ替わる様な時があり、今はその切り替え時期です。

同じスピリットと言われる様なひとつの分類があり、例えば、先進国の大統領の補佐約を担われる方は、補佐的役を担う様なスピリット体系を携えている分類のスピリットが担う様な集合意識的な流れが有ります。

過去に、大統領になられた人物のスピリットが近しい関係者が、時が経ってもどこかの国で、大統領に就任されている事が有りますけれど、ホームの入れ替えが行われて行く時の影響は、中心的な人物の入れ替えが起きやすい時です。

スピリット単位による傾向性

スピリット単位の繋がりは、割と広いものですけれど、スピリット単位による傾向性から、持ち味をより活かして行動されている方は、集合意識単位では、望みに向いやすい優性度が高まり易い状態ですけれど、これからの時は、「伝統」というものがあり、あなた自身が向う方向性には、スピリット単位での伝統的な流れをシグナルとして受け取って行く様な流れになりやすい方もいる時です。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

関連記事

  • 最近の記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事
TOP