サビアンシンボルは想定未来を明らかにして行く面がある

サビアンシンボルは、想定未来を明らかにして行く面を持っています。特にサビアンシンボルの中でも、区切りが有る時のシンボル、時代との照合度が高いシンボル等は、シンボルの音の意味を含めて轟きやすい音となって行きます。

遠地点を迎えた時のサビアンシンボル

遠地点は、月が地球から最も遠ざかっている地点です。結論のみになりますけれど、12月19日の満月のサビアンシンボルと共に響き渡りやすい音になって行きます。

12月18日11:15頃に、遠地点を迎えた時のサビアンシンボル

双子座15度
会話をしている2人のオランダの子供
Two Dutch children talking.

今回の双子座15度のサビアンシンボルの持つ音

双子座15度のサビアンシンボルに用いられている単語には、深い意味が込められて下ります。そして、「2」という音が単語の中では最も強いですけれど、二極をより引き出すような音を持っています。

結論に近い内容のみになっていきますけれど、今回のサビアンシンボルの響き渡り易い音は、「極性ある物事の中での影」という音です。

結論に近い内容のみになりますけれど、遠地点の月の持つサビアンシンボルから、「遠地点」「中央や中心地点」「大きい」等の意味合いが引き出されて行く事により、響き渡り易い大きな意味合いを持つ音のひとつは、「中国に纏わるコミュニケーションが盛んになるだろう」という音を持っているという事です。双子座15度のコミュニケーションは、結果的に「影」が引き合いに出されて行く要素を持っています。

更に2022年は、物事を大きな出来事にしてしまう音を持っています。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

関連記事

  • 最近の記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事
TOP