今の時の古来から続くスピリチュアルの叡智

今の時に関する古来から受け継ぐスピリチュアルの叡智のポイント的な概略のみですが少し書いて行きたいと思います。

海底火山爆発とは何を意味する叡智?より引用

海底火山噴火(爆発)起きやすいベースがある時は、「鷲」に関連付けされやすい神の伝令・神の遣いが、登場しやすい時に当たります。

更にその様なベースが作られている時は、今の状況と照合する様な内容ですが、地上世界では、ミサイル、2羽の白鳥、流行病が起きるなどのサインの様なものや、気象状況に関する叡智にも触れて行く時ですけれども、雷が起きる状況が作られやすい時、幻や蜃気楼の現象が起きやすい状況が作られやすい時です。

二羽の白鳥について

ミサイルや二羽の白鳥は、何がイメージできるでしょうか?

二羽の白鳥は、様々な事柄に関連付けされますけれども、特に二羽の白鳥は、生命エネルギーに関係しています。

生命エネルギーは、ATPのエネルギー分子に大きく関係しています。ATPは、核酸を構成する5種類の主な塩基のうちのひとつアデニン(A)と五炭糖のリボースが結合したアデノシンに、3個のリン酸が結合した分子です。ATPは、2つのリン酸同士の2つの結合部分の高エネルギーリン酸結合を有しています。

二羽の白鳥と表現するものは、ATPの2つの結合の化学的には高エネルギーと名付けられているリン酸結合の本質にある共鳴というものを表していますが、本来は、ATP合成酵素から構造変化伴う分子モーターの結合の「ツインモーターの構造」を意図していますが、その叡智と照合する迄は時間経過があるという理由から、ATPに関わる共鳴を表しています。

生体のエネルギー通貨と呼ばれているATPに関わるスピリチュアル的な叡智の中には、海底火山爆発により「安定化が図られる」という叡智があります。

五黄の寅の年周りでも、海底火山爆発が起きやすい時は、「8」の要素が強い時です。今年の2月3日位までが、「8」の要素が強い時に当たります。その中でも1月14日の水星が留の時から、その様な傾向性が強まる時を迎えるという叡智です。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

関連記事

  • 最近の記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事
TOP