今の時の背景からもたらされやすい出来事

ほんの一部になりますけれども、時に浮かびあがりやすいワードについて書いて行きたいと思います。

日本語は、叡智をより良く映し出している言語のひとつですけれども、時の背景から浮かび上がりやすい音があり、その音は日本語では理解しやすい音も多いという特徴が見られます。

ほんの一例に過ぎませんけれども、今の叡智の中では、偽りの自己が浮かび上がりやすい背景が揃っていましたので、その影響から「偽り」という音は、日本語での「さくら」が浮かび上がりやすいワードのひとつとなって行きます。さくらの音を持つ中でも、様々な背景から情報伝達に関連する事柄と結び付く事も有る様な時です。

さくらの音は、抜けて行く音に入りますが、昨年の2月位から、抜けて行く音といわれる音がクローズアップされやすくなっています。ほんの一部ですけれども、この様にピックアップされやすい音を持つものは、かなり多く有ります。今は、「水」という音や「孤島」「新しく創造する」「本質」、追記しますが、「狼」「門番」「中央」「ディスク」等です。

その他には、ワードという訳ではありませんけれども、エネルギーに関する事、物流に関する滞りに関わる事柄は浮かび上がりやすくなって行きます。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

関連記事

  • 最近の記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事
TOP