壬寅(みずのえとら)の年の勢いは、ミカエルが携えている勢いあるエネルギーの部分と同じ様な波動があります。特に2022年は、ミカエルのエネルギーが盛んになりやすい時に当たります。

ミカエルのエネルギーは、木星のエネルギーに、木星の保護的なエネルギーを支援する様なエネルギーがプラスされていますけれども、ミカエルと壬寅とは、共通点もあり、調べてみると面白い発見があるかもしれません。

ミカエルのエネルギーは、五行の「木」に関係して、木は「春」。ミカエルのエネルギーは発芽や、籠る等に関係しています。ミカエルは、「2」「3」という数字に触れて行きます。例えば、幕末の時代を生きた新選組の土方歳三氏は、 ミカエルのエネルギーと同じ様なの因子持っていた人物です。

ミカエルの出現

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/サンタンジェロ城 より引用

135年ローマ帝国皇帝でいわゆる「五賢帝」のひとりハドリアヌスが自らの霊廟(ハドリアヌス廟(ラテン語: Mausoleum Hadriani))として建設を開始し、アントニヌス・ピウス治世の139年に完成した。

霊廟はきれいな円形平面をなし、太陽を象徴したハドリアヌスが戦車を引く像が頂上に設置された。しばらくすると軍事施設として使用されはじめ、403年にはアウレリアヌスの城壁の一部に組み入れられた。14世紀以降は歴代のローマ教皇によって要塞として強化され、また、同時に牢獄避難所としても使用された。

サンタンジェロ城の名称は、590年にローマでペストが大流行した際、時の教皇グレゴリウス1世が城の頂上でを鞘に収める大天使ミカエルを見て、ペスト流行の終焉を意味するとしたことに由来する。その故事を記念して、16世紀にラファエッロ・ダ・モンテルーポ(Raffaello da Montelupo)による大理石製の天使の像を城の頂上に設置した。1753年からはPierre van Verschaffeltによる青銅製の像が設置してある。

なお、サンタンジェロ城は、1933年以降は博物館として利用されている。

サンタンジェロ城の先端に立つブロンズのミカエルは、その城の名前の由来となっています。

サンタンジェロ城の平面図

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

関連記事

  • 最近の記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事
TOP