2022年4月の新月のサビアンシンボルについて

新月の時のサビアンシンボルは、おひつじ座12度「野生の鴨の群れ」です。

何を意味しているのでしょうか?

特に今回の持つ音の中でも、2~3点のみになりますが、叡智を紐解いて書いて行きたいと思います。

2022年の新月の時は重要なポイント地点

新月の時からは、それぞれの持つ音から、「あなた」という音を持つ人の秩序が反映されて行きます。言葉を言い換えますと、多くの方が、ある程度の方向性が引き出されて導かれて行く音を持っています。

そこには、社会的な事柄も含んでいるような音を持っており、「ある程度の想定未来の流れは、ほぼ決まっている時」という様な音を持っています。

「野生の鴨の群れ」は、捉え方のひとつとしては「誰しもが変える事が出来ない本能が揺さぶる様な流れ」を表しています。

その意味から、あなたの中にある遺伝子制御、可能性を抑制する因子が、本能と共に浮かび上がって来るような方は、現実の社会の中で、大きく何かを変えようと出来ないような流れが作られていると感じる音も含まれています。

更に、捉え方としては「あなたなりの偏りがある考え方は、現実に反映されていきやすい」という音も持っています。

サビアンシンボルには「鴨」というワードが入っています。ワードからは、餌をまかれたら、付いて行ってしまうような音を持っています。

2022年4月1日の新月から、叡智では、様々な方向性を見据えた叡智としては、2022年4月4日位から、より経済的な格差が生じて行く様な経済革命の時代に入って行きます。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

関連記事

  • 最近の記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事
TOP