3月21日の春分点の叡智Ⅱ&海王星がひとつのポイント

太陽が春分点を通過した日が春分の日です。3月21日0時33分頃に、太陽は春分点を通過して行きます。

今年も春分点は、無限大の叡智では、区切りの大きなポイント地点とされておりますので、無限大の時の叡智と、天文学上の叡智と照らし合わせて、その中で何かピックアップして行こうと思います。

海王星のサビアンシンボル魚座24度が大きなポイント

無限大の叡智では、海王星が魚座24度に位置している事が「意味深い」と表しております。

海王星は、3月16日(水)23時過ぎから、魚座24度に入り、3月21日0時33分頃に太陽が一歩踏み出す時に、海王星が木星の勢いを巻き込みながら、魚座24度の音をより響かせていきやすい状況が作られています。

4月上旬頃まで、魚座24度を示して下りますけれど、しかし、海王星の影響としての勢いは、3月28日位迄に大きなところは放出してしまいやすい状態です。

もうひとつ、妊婦、ニンフの中でも水の精と受け継がれている様なスピリチュアル的には精霊と呼ばれている様な蜃気楼みたいな様なものが、ピックアップされています。このような時は、あまり深い意味はなく、話題になりやすい時です。

2022.3.11ー3月21日の春分点のポイント地点の無限大の叡智Ⅰより引用

海王星のサビアンシンボル魚座24度「人の住んでいる島」

24度の中心は精神性が中心となって行きます。魚座は、深い所を表して行きますので、魚座24度は、集合意識や、総じてあなたにガイダンスをもたらすものです。  人の住んでいる島は、今回は「ガイダンスをもたらすもの」の意味が強められています。

(一部省略)

今の時あたりからは、あなた自身の媒体のブループリントという想定未来の形の中には、あなたのオーバーソウルの中にある因子が、様々な形で戻り巡って来る宇宙のシステムが反応を示しやすい時です。

言葉を変えますと、春分点での重要と言えるようなポイントは、無限大の叡智が、宇宙のシステムの根本的な戻り巡る原理を、体験しやすい様に作動する時です。

今の時は、あなた自身が、何かで相殺するような出来事が起こりやすい時を超えているような時です。

もうひとつ、春分点から秋位までは、心の豊かさ、お金を含めて、何かを運んで循環させていく事に関して、窒素固定の様なプロセスが大切な時とされていて、自分自身の持ち味を、より生かして豊かさへと変えて行く事や、何かを運んで循環させていく事に関しては、生きたお金の使い方に意識を向けて行くと、「据えていきやすい」という叡智がある時です。

何かを運んで循環させていく事に関しては、あまりスピリチュアルでは、入り込んだ事柄を読むことはありませんけれども、「チャート」「指数」等の社会、経済面でのワードに関係する事柄が、色々と動いて行く時です。

窒素固定 – Wikipediaより引用

窒素固定(ちっそこてい)とは、空気中に多量に存在する安定な(不活性)窒素分子を、反応性の高い他の窒素化合物(アンモニア、硝酸塩、二酸化窒素など)に変換するプロセスをいう。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

関連記事

  • 最近の記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事
TOP