大天使ミカエルのプロテクトが無効になる人の特徴

大天使と名つけられているエネルギーは、それぞれに人体的に改善の作用が含まれているものを「大天使」としてスピリチュアル的なネーミングを付けられています。

例えば、「憑依」と表現されている症状は、昔からその様に表現していますけれども、本来は何かがとりついているものではありません。
しかし、時代背景や霊的な成長度合い等から、人類の進化のプロセスの中ではその様にある種の症状をその様に表現しております。

大天使ミカエルのプロテクト作用の有効性について

大天使ミカエルと名つけられているものは、ベイリン卿(Wikipedia)でも表されていますけれども、防御することにより、攻撃の意識を向けて行きやすい思考が伸びやすい方には、大天使ミカエルのプロテクトは施されても、有効的になりにくい事がありますので、事前に有効性を持つかどうかを確認することがポイントです。

どなたでも、防御が必要な場合は、ミカエルのプロテクト作用の3.8%は施せるようになっていますけれども、有効性が高い18%以上のプロテクト作用は、無効になる場合があります(有効の確認が必要)。

大天使ミカエルのプロテクト作用が施さない方が良い場合

プロテクトを施したいほどの心の痛みは、あなたの霊的成長の学びとしての感情体験になられている場合は、他のプロテクトをお勧めします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

関連記事

  • 最近の記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事
TOP