6月14日満月の時「ACE of CUPS」の補足です。

少しだけですが、補足したいと思います。


二つで成り立つもの

カップのエースには、Wの逆さ文字の様な文字が描かれています。

その文字は、ヘブライ語の「水(マイム)」を指し示しています。マイムの「水」には、「二つで成り立つもの」という意味が意図されています。

二つで成り立つものは、天と地、数字では2(二)、統合力や全ての人は、高次の存在を兼ね備えていますので、上と下に分けた構造を持っていますので高次の存在と自分等です。

二つで成り立つものの今の時の叡智から、結果との繋がりが見えにくいかもしれませんが、このカードの基本的な意味のひとつの「喜び」です。

潤いをもたらす様な喜びが、現実化されやすい時です。

カップのエースは、物事の始まりを表しますので、「軽やかさを持つ」という叡智が込められています。

タロットカードには、逆位置による意味もあり、今の時の叡智では、特に特徴的な内容のひとつは、メンタル面でのある種の分離的な症状が表側に表れていきやすい時です。

中心から投下される

そのほかに込められているものの中には、今という時に触れて行きますと、正位置では「ホワイト」です。そのホワイトに込められている意味は、「中心」という意味です。

その中心の意味の時の叡智は、「中心から投下される」という意味が振動数の高い意味となって行き渡りやすい時です。

満月の位置は、中心のルートから、何かが注ぎ込まれて行く様なイメージです。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

関連記事

  • 最近の記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事
TOP