2022年の7月以降の流れについて

西暦2022年という年については、大きな出来事が起こりやすい音を持っている年です。もうひとつは、「中央」という音が響き渡っている年に当たります。

さて、7月以降の流れは、以前にもブログに書いておりますので、再確認になってしまいますが、9月以降が、ひとつの大きなうねりがもたらされたものが、表に現れやすい時の刻みを迎えます。

その後の9月とは段階が異なる大きな区切りは、12月の初旬に迎えます。

9月のひとつの区切りの時のポイント地点について

8月を飛び越えている内容になりますが、7月からはより通り道が開いていきやすい時です。その中で今の2022年の6月位から見えない領域の中では、大きなうねりを起こす様な流れが作られています。表側に少しずつ表れていきますが、特に7の領域からは、色々なものが表れやすくなって行きます。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

登録会員制ブログは更新中です。

関連記事

  • 最近の記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事
TOP