「19番 太陽(サン)」は、今の時の叡智が込められているカードのひとつです。

22番目&黒で描かれている紐

太陽の21の光線の他に、数字の横にある太陽から繋がっている様に、黒で描かれている紐は、意図的に描かれています。

この黒い紐は、「契り」的な意味合いで描かれています。様々な契りがあると思いますが、「見えない音」の意味も持っています。

見えない音とは何でしょうか。

四分休符にも似た紐は、その意味から、無音でも奏でている中に存在している、無音でも演奏中である、三つ子の魂百までという様な意味も伝えて下ります。

黒い紐は、様々なものに例えられますが、ある意味においてのへその緒としての意味も意図しています。

黒い22番目の線

黒い紐は、21本の光線に対して、「黒い22番目の線」です。タロットカードの大アルカナは、21番迄ですので、22番目のカードは存在しませんが、「0番 愚者」と繋がりを持つ事を表しています。

0番のカードは、スピリットの故郷、遺伝子情報からの繋がりの意図を持っています。

黒い紐に意味付けられている今の時の叡智をピックアップして行きますと、あなたのスピリット性は未来にまで繋がって行く意味と、太陽は、大脳皮質に例えられる様に描かれています。

大脳皮質は、外錐体細胞層のⅥ層構造までの六層構造ですが、大脳皮質に関連するスピリチュアル的な今の時の叡智には、エネルギー体というひとつのカテゴリーに対する凡その区分の中でも、アストラル体に関わる内容が、ピックアップされやすい時となっています。

どの様な事が考えられるでしょうか?

過去にとらわれやすい方は、本当は変化を拒んでいるのかもしれません。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

関連記事

  • 最近の記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事
TOP