可視スペクトルについて

「14節制」の関連付けされた事柄について、スペクトル(光線)や図形等も関連付けられています。深く掘り下げて行きますと、パスカルに関連すること、質量、長さ、時間、サイクル的な事柄、連続の永久性、集合意識、スピリットの振り分けです。

人間の目で見える範囲の光「可視光のスペクトル」の範囲は、およそ380ナノメートル辺りから、およそ750ナノメートルの範囲と言われています。イエローカラーは、560nmから590nmの範囲とされています。

©日本照明工業協会

右下のアイリスの花は、イエローカラーは余り一般的ではありません。イエローカラーを用いている理由のひとつは、可視化スペクトルの中心辺り(ほぼ中心)のカラーなるので用いられています。
このカードには、要素と意図が、農林水産に関わる事柄、学問的な事柄、どの様な分けて行くと良いのか迷ってしまう位の意図が入っていますので、思いついた所を今回は、書いて行きたいと思います。

節制のカードは、「7」がよく登場します。

記事にはしていませんが、イリジウムIr(原子番号77)も意図されていて、イリジウムは、塩を加えていくと虹の様な発色反応が見られます。イリス、7、錬金術、るつぼ、大アルカナ「1 魔術師」等が繋がるワードです。

その事からイリスに因んだイリジウムという名前が付けられています。イリジウムは、医療放射線として、口腔がん、中咽頭がん等に用いられています。

イリジウムに関連したカラーオリーブの様な緑カラーとイエローが、寓意画にあるアイリス(花)に用いられています。アイリスの花に込められている意図は、「根」も意図のひとつですが、アイリスの花に込められている事は、精神性、スピリットに関連する事柄です。

ケイ素SIは他のものと結びついて、根の付いた植物の生育に深く関係しています。ケイ素に関しては、人体、細胞の活性化等、健康に関する事に関連付けされています。

「7」の数字は、「SEVEN」で表して考える事が多いですが、「E」はイーストを当てはめています。イーストは、「東」と「酵母菌」です。

節制のカードも酵母菌の意図がありますが、長い説明も必要になるので書いていませんが、酵母菌は、アルコールの一種のエタノールが、関連付けされているひとつです。エタノールは消毒スプレーでよく用いられています。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

関連記事

  • 最近の記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事
TOP