昨日の続きの内容です。

木星は今、牡羊座5度「羽のある三角」を指し示しています。

5度の5は変化の数字ですが、五芒星(星形三角形)に関連しています。星形三角形が描き出す5角形の中心は、スピリット性が渦巻いているという意味もある星型三角形です。

5度の数字は、形を変えずに拡大するという黄金螺旋の意味も含まれています。

羽のある三角は、今の時は結果のひとつとしては、自分のスピリット性を活かすことを示している事になります。

5度は、環境や人との関わりから理解した上で、既成概念にとらわれずに自分自身を打ち出していく思い、その様な思いに突き動かされいき、色々なものを培って行きながら、広げて行く様な度数です。

しかし、形を変えないとい事は、アセンションに意識を向けられている方は、この様な場合は、自分自身の豊かさをもたらして行くような、スピリット性を活かして行く実践、更に貢献とつながる実践となって行きます。

今の時は、新しいスタート地点です。

出典: フリー百科事典「ウィキペディア」受胎告知

スピリチュアルでは、新しいスタート地点の中でも、大きな単位での新しい時代のはじまりの知らせを受胎告知で表します。

牡羊座は、はじまりの星座です。受胎告知の画像の中に、翼を持つ鳥の様な雲と、三角の山が描かれています。山は角の様な形をしています。

画像の中の鳥の様な雲には、2つの意図があり、そのひとつはメッセンジャーとして、ひとつの方向性が決まったというメッセージを示しています。もうひとつは、右側の三角の山と合わせていくと「羽のある三角」に意図している様な音にもなって行きます。

しかし、本来はその様な意図を持つというよりも、主となる意味は他にあります。

鳥の様な雲は、ウミガメが泳いで向かっている様にも見えます。しかし、半分しか見えない様に描かれています。

無限大の叡智では、海と空は同じと認識しています。ウミガメの意図は内容が長くなりますので割愛致します。

木星は、発展・拡大の星と言われていますけれど、スピリチュアルのポイントは霊性です。

木星には、無条件の愛が基本に備わっています。木星は、発展と拡大は、無限大の叡智からのガイダンス内容として、霊的成長を推し進めているというバランスが取れた中での発展と拡大が良いだろうというガイダンスはあります。

これからの時は、全体像に過ぎませんが、精神性に意識を向けて行く中での成長という事になって行きやすい環境があるという事を伝えています。

受胎告知の絵の意図には、翼の上には針葉樹があり、その意図にはいくつかありますけれど、新しい時代のスタート地点に、ヨッドという恩恵がある事も表しています。ヨッドのサインは、ガブリエルの羽根(叡智では翼とは呼んでいない)でも表しています。

針葉樹の付属説明です。

占星術の複合アスペクトのひとつにヨッドがあります。ヨッドは3つの天体から形成されています。大きな大きなスタート地点の背景には、ヨッドというワードが入っています。

YodはYの字が逆さで表れてきます。(占星術でのYod)その詳しい無限大の叡智は長くなりますので省略いたします。

無限大の叡智から紐解きますと、そのヨッドを針葉樹で表しています。

2つが組み合わせて行く事にも意味がありますけれど、現象という摂理の現れ方を示していますので、見方を変える事でYodの文字になるという様な意図があります。

ヨッドに関しては、捉え方にもより恩恵とは捉えられない事もあります。

この場合の恩恵の意味は、個人によって異なります。

結論的には、この場合のヨッドの意味は、繰り返しの様になりますけれど、ひとつの方向性が決まったというある意味枠があるという事がひとついえますが、本当に伝えたい真意は他にあります。

ヨッド(yod)は、音価は「j」です。

今、アセンションの中間国の日本に、摂理が運んできたヨッドという様な音がサインとしてもたらされている時です。

また、新月前後の時は、水瓶座2度の「予期されなかった雷雨」から、その意味と言葉は、シグナルを持っていますので、突然の電流を持つ様な嵐が吹く様な、電荷を持つもの、風が嵐になって吹くというイメージのものが何かが変わって行くサインとなりやすい時です。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

関連記事

  • 最近の記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事
TOP