【時の叡智】フランス革命が起きた時と同じ時。日本では?

フランス革命は、1789年 7月から 8月中旬ににかけて起きた革命ですけれど、1830年7月に3日間の間に7月革命が起こりました。

7月革命の時と背景は異なりますけれど、フランスでは差別的な要素が加わる7月位の時は、通り道が開かれて行くとか、その様な要素が増えている時に、暴動、暴動からの革命が起こりやすくなる時です。

今の時は、特にフランス革命が起きた時と同じような革命に繋がる暴動や、革命が市民から起きやすい音を持つ時に当たります。

しかし、同じような背景という音があったとしても、同じ状態になるとは限りません。

日本では、今の時はどの様な事が起こりやすいのでしょうか?

スピリチュアル的には、地域単位にて色々な音を持っていますので、繰り返しになりやすい傾向性がありますが、日本では国際交流に関する事柄が浮かび上がりやすい時に当たります。

この様な時は、それぞれの持つ脈によりましては、遺伝的な要素が強くなりやすい時のひとつです。

遺伝的な要素が強くなりやすいという事は、様々な叡智がありますけれど、ある意味絶好のチャンスの時がつくられているという事にもなりますので、意識を思いっきり変えたい方は、意識の抱き方を変えやすい時にもなって行きます。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

関連記事

  • 最近の記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事
TOP