牡牛座とブラックホールの存在

アルデバランの1等星がある牛の目の下に広がる星座線のV字形の部分は、ヒアデス星団という散開星団です。

ヒアデス星団の中心辺りが、ホワイトカラーで着色されています。着色されている意味の1つは、牡牛座は太陽神と深く繋がっていることに関わりがあり、はじまりの意図があることを表しています。

もう1つは、牡牛座にはブラックホールが存在していることを表しています。下画像は、牡牛座の白色の意図の意味が分かるような宇宙で撮られたブラックホールを知る手がかりとなる公開画像で、2023年6月に撮影されたものです。

右側画像は左画像を拡大したもので、赤矢印で示される銀河から、光の筋が伸びている様子(黄矢印)です。その先にある見えるか見えない位の小さな点が、超巨大ブラックホールが隠れていると考えられています。

ブラックホールは重力が非常に強く、その重力に強く引っ張られて、物質だけではなく光も逃げられない天体と言われています。

ギリシャ神話とブラックホール

一番上から2番目の画像の牡牛座の牡牛の下にあるブラックホールとホワイトホール、2つを繋ぐワームホールの画像があります。

牡牛の鼻と口のベージュピンクの部分は、複数の事柄を意図していますが、そのうちの1つが、3つのホールのブラックホール、ワームホール、ホワイトホールの意図です。

ブラックホールは光や物質を飲み込むに対して、ホワイト ホールは内部にあるものを吐き出すという違いがあります。見た目は何も変わらないと言われていますが、未だワームホールとホワイトホールの存在は確認されておりません。

牡牛座では、ブラックホールが存在するというような意図がいくつかありますが、はっきりとここにあるという意図が見当たりませんが、ブラックホールの存在の意図は、全てヒアデス星団内です。

ワームホールとホワイトホールは、ギリシャ神話から意図されていることを読み解きますと、、ホワイトホールは、新しく生み出される時に出来るものと読み取れますので、見ることが出来ないと伝えているように思います。

下記は、一般相対性理論からみたブラックホール仕組みの図です。

光が脱出できない境界は「事象の地平面」と呼ばれています。その境界の大きさは、ブラックホールの入口(黒い部分)の大きさを表しています。

特異点は、重力の特異点と言われていて、重力場が変わってしまう場所、物質の法則が通用しなくなる領域に入って行くという認識があり、スピリチュアルではゼロ地点に相当する場所です。

ブラックホールはその状態により、大枠では4種類に分けられるそうです。

ヒアデス星団と複数のブラックホールの意図

ギリシャ神話の内容とまとめて行きますと、複数のブラックホールが存在している意図があります。天空の牡牛座にも2カ所の意図を取り上げさせて頂きました。もうひとつ、星の名前にブラックホールの特異点と同じゼロ地点の意味を持つ個有名がつけられています。

そうなりますと、星座絵を作成した時には、最低でも3つの主要なブラックホールが存在していると考えられます。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ




関連記事

  • 最近の記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事
TOP