アセンションとライトボディについて

アセンションとは

意識の目覚めから、意識次元をある一定要件の高次元の意識次元まで上昇することが、意識のアセンションです。

ライトボディとは

光が通るような洗練されたエネルギー体のことをライトボディと言います。洗練されたライトボディを携えていくことは、スピリットフィールドが洗練されて行きます。




ライトボディ化へと進んで行くには

ライトボディ化へは、覚醒という意識の目覚めを迎えて、アストラル光の状態をある程度維持して行く過程を通って行きます。

その中で、潜在意識レベルがある程度の範囲を約4週間以上維持して行く中で、ライトボディへのレベルへと進んで行きますが、現在ではどちらかといいますと、平均的にコンセンサス配列のアセンションコードの適正化が強化されている方が、向かいやすいライトボディ化のレベルです。

ライトボディ化へは、その作用が向けられて行く要件が整う事により、促進作用がもたらされて行きますが、実質的には、意識の目覚めによるアセンション症状として、その一部をもたらして行く現象が多い状態です。

アセンション症状とライトボディ化の違い

アセンション症状は、アセンションと言われるまでの高次元の領域へと意識次元を上昇させて行く時に起きる症状です。

意識の目覚めを覚えた後に、多くの方が、学びの過程を通るための第3の目が活性化したような状態を迎えて行きます。その中でアセンション症状が起きやすい状態になって行くことがあります。

アセンション症状は、意識のフィールドをより研ぎ澄まして行く促しが掛けられて行く時に起こる症状です。

アセンション症状は、神経伝達物質(ファーストメッセンジャー)のシグナルから導き出されて行き、もたらされて行くことがあります。アセンション症状には個人差がありますが、不眠や感情の揺れが大きくなるなど症状です。

ライトボディ化のプロセス

研ぎ澄まされたライトボディへと促進されて行く様々なレベルがあり、一般には第1レベルから第12レベルまでのレベルがあります。

現実的にはその12段階のうちの第1レベルから第6レベルまでをレベル順に関係なく、各段階の作用がもたらされます。また第1レベルから第6レベルの全ての作用を手向けられて行くというものでもありません。

ライトボディ化へは、高次元の意識次元へと上昇していることが基本の要件のひとつとされていますが、アセンションを意識されて、意識次元が4.89次元以上の方に起きやすい現象が、ライトボディ化の第1レベルの入口にたったような体験です。

第1レベルで起きる眠気や頭痛などの体調不良を感じ取る様になって行くことがあります。このような現象は、光と愛に満ちて行く方へと内在的変化が起きる意識を抱くことを、促しているような現象にもなっています。

現代のライトボディ化

無限大の叡智によりますと、新しい時代は、コミュニケーション能力を高めて行くことに繋がることが重要視されています。

コミュニケーション能力を高めて行くことに繋がる内在的要素は色々ありますが、柔軟性ある成長型のマインドセットへより高めて行くことや、高次の辞書を引き出して行く機能が強化されるような高次元の領域との繋がりの強化されて行きます。

ライトボディ化への作用は、統合率の影響を受けていきますが、その時代に合う能力を伸ばして行く機能が強化されています。

コンセプチュアルスキル

トップマネジメントに求められるスキルと言われています。コンセプチュアルスキルは、アメリカで提唱された管理者に求められる3つのレベルのひとつで、物事を理論的・創造的に考え、その本質を見極めることにより、個人や組織の可能性を最大限まで高めることが出来る能力です。

このような能力は、アセンションリーダーが持つ力のひとつです。

事象を多角的に見る力があり、自分の中にない価値観を拒絶することなく受け入れる力があり、そのような全体像を把握して、新しい何かを生み出すことや解決策を見出す力は、意識がより拡大されていることで、高次の辞書が舞い降りてくることがあります。

ツインレイとの出会い

ここでのツインレイとは、無限大の叡智では、魂レベルでの繋がりのツインソウルを指し示していますが、特に女性の方は、意識の目覚めを促す時に出会われたお相手とは、意識次元を上昇させて行く流れに向かって行くことが、お二人の関りのサポートが入りやすい状態を作ります。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

関連記事

  • 最近の記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事
TOP