【無限大の叡智】サイレン期と第2のアセンションの波と新しい物事の捉え方をして行く時

アセンションにも流れがあり、今は、特に日本人の方は第2のアセンションの波の中に存在している状態です。

大きく大きく変えて行く時&洗練して行く時

11月13日は蠍座新月を迎えますが、物事の捉え方など、大きく変えて行くことが求められて行くような時に入っていますが、第2のアセンションの流れの中では、霊的成長のプロセスの中で、多くの人が意識を向けて行くような様々なものが作られて行きます。そのようなものを変えて行く新しい時代に入って行きます。

無限大の叡智では、憑依もそうですが、今はツインレイ(ツインソウル)と出会われた方のサイレント期を無くしたい思いが浮かんでいる時に入っています。

蠍は脱皮して殻を脱ぎ捨てて大きく成長して行きます。

明日の11月13日の新月は蠍座新月ですが、蠍は自己変容の意識が高く、時の叡智としては、自分自身を純化して行く方向の変容というワードが浮かび上がっている時です。

新月と重なって行く中で、物質の時代に培った概念のようなもので、時代の古さを感じるものは、形を変えて行く、あるいは驚く位に変えて行くガイダンスがあります。

上図の受容体(蠍)は、外側からもたらされた情報の中でも、結合できる物質(細胞外デジタル分子)があり、その物質と結びつくことで、受容体は活性化した構造へと変化します。蠍は変化してこそというような資質を持っています。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ




関連記事

  • 最近の記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事
TOP